NONNONcookingslon
NONNONcookingsalon

 2002年に「NONNON cooking salon」を開始。“おもてなしにも応用できる普段の食事” というテーマで、ご自宅で作りやすく、健康にも良いお料理を指導。食材の持つ栄養や美味しさを最大限に引き出す料理法が特徴となっています。サロンでは毎回、信頼できる日本各地の生産者の方々からの産地直送、旬の食材をご用意させていただいております。

 料理のジャンルは幅広く、本格和食からフレンチ、イタリアン、エスニックなど。難しそうな海外のお料理やパーティのお料理も、日本の素材でご自宅でも簡単に作れるようなレシピをお教えしています。

 楽しいおしゃべりをしながらのお教室には、20代から80代と幅広い年代の方が通ってくださり、また新幹線で遠くから来てくださる方もいらっしゃいます。

 和気藹々の「NONNON cooking salon」では長く継続される方が多いため、現在、新規ご希望の方には入会をお待ちいただいている状況ですが、外部でのレッスンの機会も増えています。最新のレッスンやイベントなどの情報は随時サイトのトップページ“news”にアップしますので是非ご覧になって、お気軽にご参加ください。

ご紹介したい生産者の方々

IMG_2558.jpeg

さいたま市の

ファームイン・さぎ山

「農業の大切さ、農村生活の豊かさ」を発信しするため「かあちゃん塾」を主宰する萩原知美さん、哲哉さん親子。無農薬野菜を作っているだけではなく、そこを食育、就農の場として、年間6000人もの農業体験者を受け入れていらっしゃいます。私のサロンでも毎年味噌作りなど、いろいろ教えていただいています。最近、敷地内にかまどを設置。こちらで新宿調理師専門学校の授業も定期的に行われています。

渡辺さんちの野菜たち

千葉県山武市の

渡辺さんちの野菜たち

農水省の担当者が絶賛するほど,素晴らしい土作りをされた畑で育つ渡辺明さん・和代さんご夫妻による野菜たちは、どれも元気で新鮮で、味が濃いものばかりです。何より、野菜の生命力が、違います。7月のとうもろこしは特に絶品。穫りたてを生でかじっても甘くておいしいのです。また、常に新しい野菜にチャレンジされている姿勢がすばらしく敬服しています。

久松農園

茨城県土浦市の

久松農園

農園の経営者、久松達央さんは、大学時代のサークルの後輩です。大手企業勤務を経て、農業を営むようになった久松さん。次世代農業の担い手として本も出版され、各方面で講演などもされています。久松さんの有機野菜はとにかく力強く、味が濃い本物。長ネギや小松菜の根の長さ、完熟トマトの味の濃さ、多くの方にお伝えしたいです。毎月の定期コースがお勧めです。

星の島

北海道芦別市の

農場「星の島」

こちらは、幼稚園から大学院までを擁する星槎学園の実習農場です。すばらしい環境の中で生徒たちが体験学習にもやってきます。ここの畑で出来るじゃがいもやかぼちゃ、桃太郎とミニトマトをしぼっただけのトマトジュースなど、お口の越えた方々にも絶賛されるほどの美味しさです。農場を取り仕切っている佐藤さんは、お人柄も素晴らしい尊敬できる方。

image203.jpg
カモス.jpg

茨城県笠間市の

カモスフィールドさん

足利市で開園20年以上も経つ、有機栽培のブルーベリーを作っている農家さんです。ご高齢の園主、85歳になられてもお元気で栽培をされています。とても味が濃く、酸味と糖度のバランスのとれたブルーベリー。3種ある農園のジャムなどれも美味しいのですが農園のブルーベリーだけで砂糖を入れずに作った「non sugar jam」は、ツクイファームならではの逸品です。

茨城県笠間市で代表の大橋さんを中心に「私たちは微生物のお世話係です」として土作りに力を入れている有機農家さんです。小松菜といちご、星芋(干し芋)は絶品。

2018年の台風23号で大きな被害を受けられています。クラウドファンディングにもぜひご協力を。

NONNONcookingsalon